スタッフブログ
| コメント(0) | トラックバック(0)

2021年1月31日(日)1330~1530

豊森なりわい塾 一般公開オンライン講座

『フィンランド文化と教育から考えるwell(ウェル)-being』(ビーイング)

ゲスト講師:坂根シルック氏


新型コロナウィルスに翻弄される1年を過ごし、私たちはこれまでの社会の矛盾に否応なしに目を向けることになりました。

持続可能な地域、社会をつくるとは、どういうことなのか。
幸せで豊かなくらしとは、どんなくらしなのか―。

「誰かが作ってくれる」消費社会とは違う生き方を志向する動きが生まれています。
この動きが、大きなうねりになった時、私たちの暮らしに真の革命が起きるやもしれません。

そんな世の中に必要とされる生きる力を、大人も子供も育んでいくには。
オンラインで足りること/足りないことを自覚して、よりよい社会を目指すために。
豊森なりわい塾では、坂根シルックさんをお招きし、公開講座を開催します。

シルックさんの母国=幸福度ランキング3年連続1位のフィンランドと日本を行き来しながら、両国の文化と教育の中で働き子育てする中で、シルックさんが感じてきたことをお聴きし、「well-being」な社会について、一緒に考えてみませんか?

後半は塾長の渋澤寿一と副塾長の駒宮博男とのトークセッション!「コロナ禍の先の未来?これからの豊森的学びとは」をテーマに考えていきます。みなさまのご参加をお待ちしています!

■講師紹介
◇坂根シルック氏

シルックさん.jpg

3歳で初来日、大分市で育つ。小学校卒業後、フィンランドに帰国。Business College Helsinkiを卒業後、1985年に再来日。20年に渡り、フィンランド政府機関や複数の在日フィンランド企業に勤務。フィンランド語通訳・翻訳家、フィンランド語講師を経て、2012年度から国立大学法人東京農工大学のグローバル大学院プログラムに携わる。2019年春に熊本に移住、九州ルーテル学院大学でグローバル教育を担当。フィンランドの社会文化に関する講演を行う。




◇豊森なりわい塾

 渋澤寿一(豊森なりわい塾長)

渋澤先生.jpg

東京農業大学大学院学大学院卒業後、JICA専門家としてパラグアイに赴任。帰国後、長崎の循環型都市「ハウステンボス」の企画・運営に携わる。現在NPO法人の理事長として、森づくり・地域づくり・人づくりを実践。明治の大実業家 渋澤栄一の曾孫にあたる。




  




 駒宮博男(豊森なりわい塾副塾長)

komamiya.jpg東京大学中退。幼少よりゲーテルなど、数学基礎理論について父から聞かされて育つ。学生時代は年120日以上を山中で過ごし、海外遠征は10回以上。高山研究所を経て、(株)ヘルス・プログラミング設立。その後、NPO活動を開始。食やエネルギーの自給と地域自治の再生による、持続可能な社会の実現を目指す。NPO法人地域再生機構理事長。







■プログラム(予定)
13:30開始・あいさつ
13:40講演「フィンランドの文化と教育から考えるwell-being」
    ゲスト講師 坂根シルック氏
14:20トークセッション「コロナ禍の先にある未来~これからの豊森的学びとは」
    坂根シルック氏×塾長:渋澤寿一×副塾長:駒宮博男
    質疑応答
15:20豊森なりわい塾募集の案内
15:30終了

■参加費:無料

■お申込み:こちらのQRコードまたはURLから専用フォームよりお申込み下さい。

QR20210131toyomori.pngのサムネイル画像







■申込〆切:2021年1月27日(水)

※当日参加できなかった場合でも、お申し込みの方には後日、記録動画を限定配信する予定です。








« 第10期面接および講座開催中止のお知らせ

カテゴリ