スタッフブログ
| コメント(0) | トラックバック(0)
第三期塾生の袋真司さんは、
卒塾後、森林の魅力にひかれて間伐ボランティアチームを立ち上げられました。
2015年1月から半年間お仕事で中国へ行かれる間際に活動報告を書いて頂きました。


------------------------------------------------------------------

20143月に豊森なりわい塾を卒業して、1年近くが経ちました。

この1年を振り返る機会をいただきましたので、

ここにまとめてみたいと思います。

 

私は4つのテーマをマニフェストとして卒塾レポートをまとめました。

その中に薪ストーブの購入というテーマがありました。

これは豊森の講座で森林について学んだ影響です。

 

森林整備が遅れている。

森を活用した生活は素晴らしい。

循環型社会。

これから思いついたのが「薪ストーブを買って、循環に入ろう」

という程度でした。

しかし2014年は、結果的に森林について大いに勉強する年となりました。

 

1.志津さんの山でチェーンソー体験

豊森卒塾後のイベントで、自分でも薪割りや間伐を体験できるので、

楽しそうだと思い参加しました。3期生もたくさん参加していて

同窓会のような雰囲気でした。

ここでチェーンソーを使った間伐作業を体験し、

すっかりチェーンソーの虜になりました。

周りの木の混み具合、

伐倒する木の重心と倒す方向を見極め、

安全に木を倒した時の快感と伐倒後に木々で覆われていた

空がポッカリ開き森の中に光が差し込む様子を見て、

間伐の楽しさを実感しました。

 

その後、2度目にお伺いした時には、トラクターを使った

木を運び出す作業(材出し)も体験させていただき、

山仕事の大変さを知りました。

燃料を自らの労力により「得ている」という充実感があり、

大切に使おうという気持ちになりますね。

 

IMG_1245.jpgのサムネイル画像IMG_1399.jpgのサムネイル画像

2.間伐ボランティアへの参加

その後、同じく3期生の津田さんからの誘いで、

豊田市で間伐ボランティア活動を行っている

「とよた旭高原 山楽会」の活動に5月から

参加させていただきました。

2009年に立ち上がったこの間伐チームは、

主に、旭地区や松平地区で活動されていて、

代表も同じ会社の先輩ということで、

温かく受け入れていただきました。

ここでは、安全な間伐作業について学ばせていただく

と共に、同じ志の仲間(大先輩の方々ばかりですが)

との交流がとても楽しいです。

皆さん、とてもお酒が大好きな方ばかりで。

IMG_1445.JPG

 

3.島崎洋路先生との出会い

とよた森林学校の校長として、初級間伐講座の時にお会いしました。

山の状態を誰でもわかるように数字を使って表現し、

山主や間伐作業の人たちにわかりやすく説明できるように

しようと独自の理論に基づき指導されています。

 

安全なチェーンソー伐倒の技術を教えて

もらうために参加したつもりでしたが、

島崎先生から「山造り」の精神を学ぶことで、

技術よりも山と向き合う心を教えていただいたと思います。

自分たちに何ができるのか、

何をすべきなのかを考えるようになり、

やりたい事が見えてきた貴重な時間となりました。

 

島崎先生もお酒好きでした。

盛り上がってくると自らハーモニカ演奏され、

みんなで演奏に合わせて歌いました。

山仕事される方は、みんなお酒が大好きです。

IMG_1591.JPG

 

4.北岡明彦先生との出会い

島崎先生から、山に入るなら、

山のことをしっかり勉強したほうが良いよ

とアドバイスをいただき、

早速「森の勉強会」に参加してみました。

豊田市森林課に所属されている北岡先生から3日間、

植生調査、林分調査、土壌調査について、教えていただきました。

しかし、植物の名前もさっぱりわからない私には、

ついていくことすら難しい内容でしたが、

間伐作業によって目指す山の姿を考えることができました。

木の下に生える草や低木もその植生の変化から

山が良い方向に向かっているかどうかわかる。

高い木の枝から落ちる雨の雫が土を流して

しまうのを草や低木が防いでいる。

これらを知るだけでも目からウロコでした。

 

IMG_0633.JPG

5.間伐ボランティアチーム立ち上げ

「理論的な間伐作業と山の理想を考える。」

2人の先生との出会いや

間伐ボランティアの先輩方との交流によって、

自分でも「山造り」をやりたいという気持ちが沸き上がり、

一緒に初級間伐講座を学んだ同期と

間伐ボランティアチームを立ち上げることになりました。

チーム名は「とよた旭 七森(ななもり)会」と言います。

「七」に込めた思いは、いくつかありますが、

この名前を提案してくれた女性メンバーの説明に

「七色の木と呼ばれる木があり、

これは複数の種類の木が一本の木のように

寄り添いながら成長している姿をしているそうです。

私たちもまったく異なる人間が集まり、

ひとつのことを成し遂げ成長できるように」

という言葉があり、

それまでまとまらなかった会合がこれでひとつにまとまりました。

 

2015110日に発足式を行い、

117日には惣田町で林分調査を行いました。

2月からは第1土曜と第3日曜に惣田町で間伐作業を

行いますので、よろしければ皆さん見に来てください。

お手伝いも大歓迎です。

IMG_0758.JPG

 


最後に個人的なことですが、

119日から中国広州に半年間出向することになりました

(前日に大慌てでこの文章を書いています)

豊かな森造りにも惣田お助け隊にもしばらく参加できなくなりますが、

4期生からも同志が出てきてくれると思うので、きっと大丈夫。ですよね。

  

 




« 大ナゴヤ大学「田舎暮らし女子トーク」に参加しました♪

公開講座「これからの社会のカタチ」 »

カテゴリ