スタッフブログ
| コメント(0) | トラックバック(0)
お世話になっている惣田町で10月4日に
収穫祭と津嶋神社の例大祭が行われました。

DSCN2114.JPG

毎年この時期に行われている例大祭に合わせて、
収穫祭は、惣田地区の方が豊森との交流の場として今年初めて催して頂き、
3期生8人とご家族・友人、4期生5人とご家族、スタッフ3人が参加しました。

1週間前には、3期生も参加して、畑の野菜を収穫して食材の準備、
神社の大しめ縄つくり、縁幕張りなど祭りの準備をしました。
縁幕は幅10mほどの立派なもの。ところどころ破れてますが、
さらしをつないで明治時代に作った伝統品です。


DSCN2113.JPG

●午前中は
餅つき
お米は惣田の新米もち米です。
みんなで石臼で2臼ついて、きな粉やアンコで食べました。
柔らかくてとても美味しい!

DSCN2139.JPG


オリジナルカレー
3期生の木浦さん製がオリジナルスパイスのカレーを仕込んでくれました。
辛口! おいしい!! 

DSCN2152.JPG

太鼓
お祭りのお囃子に合わせて太鼓を叩きました。
地元の方が元気でやんちゃで太鼓をたたく姿はたまらなくかっこよかった!

DSCN2150.JPG

他にも
隣の豊森3期生がお借りしている畑で採れたサツマイモをたき火で焼いて、
豊森サイドのメンバーの自己紹介をして、
写真や講座の作品展示を見て、
ビール(飲めない人はノンアルで我慢...)を飲んで歓談して、
ゆっくりと穏やかな時間が過ぎて行きました。

DSCN2133.JPGDSCN2160.JPGDSCN2161.JPGDSCN2127.JPGDSCN2159.JPG

●お昼は、
お釜で焚いたご飯を使った特製カレーと炊き込み御飯、
おかずに収穫した里芋や枝豆、
美味しく、楽しくいただきました。
3期生のこの半年の惣田での活動を綴ったスライドショーも上映しました。

DSCN2155.JPGDSCN2156.JPG

●午後から、
津嶋神社の例大祭。
豊森からも3期生の宿谷さんが代表して玉串奉奠させて頂きました。

DSCN2163.JPG

津嶋神社は惣田地区の氏神です。
津島市の津島神社が本殿とのことですが、
「津島」ではなくなぜ「津嶋」となったのかはわからないそうです。
"たぶん山間部だから..."と町内会長さんの弁。

宮司は隣の杉本地区にお住まいの板倉さん。
旭工業のお仕事の傍ら宮司を務められているそうです。
旭地区には宮司は2名しかいなく、神社の神事は殆ど板倉さん
によって執り行われるとのことです。
神事には、ご高齢の方や赤ちゃんの初参りの方も来られてました。
いまは、惣田地区の人だけで祭りが執り行われますが、
昔は隣の集落のお祭りにも呼ばれて参加して、
真っ暗になるまで飲んで酔って帰り道、背広のまま田んぼに
落ちたこともあったらしいです♪

DSCN2165.JPG

神事のあとの直会は、お酒を飲みながら、地元の方や、
3期生と4期生の間の、とってもいい交流の場となりました。

DSCN2172.JPGDSCN2179.JPGDSCN2171.JPG

おみやげには、たくさんの栗、さつまいも、おにぎり、お餅、くじびきの景品を
いただき、惣田の『豊かさ』のおすそ分けにあずかった、うれしい秋の日でした。

DSCN2185.JPG

豊森が惣田にお世話になって2年目。卒塾した3期生と惣田地区の方との関係が
また一段と深まり、そこに4期生も加わり、次の新たな一年につながる可能性を感じました。
惣田の皆様ありがとうございました。


« 新城で暮らす - 自分のペースで - 

「豊森」のロゴが紹介されました »

カテゴリ