スタッフブログ
| コメント(0) | トラックバック(0)

今回の「卒塾生の活動」は、新城から参加されていた三期の中尾さんです。

豊森を卒塾すると、"何かやらないと"とつい焦りがちになりますが、

すぐに動き出さなくても、豊森で学んだ「根本」がぶれなければ大丈夫、

と中尾さんも感じているようです。


********************************************************************


豊森第三期の中尾恭子です。

私は新城市という、静岡県との県境にある人口5万程度の小さな市から豊森に

通っていました。西側からの参加者が多い豊森では、ちょっと珍しかったかも

しれません。参加したのは「自分の生業を見つけたい」に加えて

「新城をもっと元気にしたい」という気持ちがあったからで、

しょっちゅう「新城、新城」と言っていました。

豊田や旭の人たちに煙たがられていたのではないかと、

今でもひそかに心配しています。

 

 今回は「卒塾生の活動」ということでお話をいただきましたが、

大した活動はしていません。仕事が休みの週末に、知り合いの

お手伝いをしたり、イベントなどに参加したりする程度です。

 

その1 養蚕手伝い

 新城市には、愛知県で2軒(?)しかない養蚕農家があります。

そのうちの1軒、海野さんのお手伝いをたまにしています。

蚕の餌となる桑を取りに桑畑にいったり、餌やりをしたり、

糞の掃除をしたり。体力仕事ではありますが、普段デスクワーク

ばかりなので、私にとってはいい息抜きになっています。

7月には、伊勢神宮に絹糸を納める『御糸奉献』にも参加させて

いただきました。ちなみに私が豊森に入ったきっかけは一期生の

矢沢さんと出会ったことですが、矢沢さんと出会ったのは

この養蚕農家でした。


A.jpgB.jpg


その2 古民家カフェはちどり

 新城市で農業をしている友人が「カフェをやることにした」

と言ったのは昨年秋。そこからどんな店にするのかを話し合い、

店の改装などを手伝いました。

現在は店の運営などには関わっておらず、

『恭子の本棚』という小さなコーナーを作っています。

これは完全に趣味の世界。2カ月ごとにテーマを設定し、

テーマに沿って自分の持っている本を並べています。

最近はこの本棚のことを考えて、ついつい本に対して

財布のひもが緩くなってしまっています。

カフェは割と雰囲気が良く、常連さんもできてきたようです。

もし新城に来ることがあれば、ひお立ち寄りください。

https://www.facebook.com/agriholic.hachidori

 

その3  林業者のイベント手伝い

 私は大学で森林科学(主に砂防)を専攻していました。

そのため山は常に気になっていましたが、これまでの仕事

は山とは関係ないことばかりしていました。

今年に入って新城の林業家と何人か知り合いになり、

イベントなどに呼ばれることが多くなりました。

 子供やファミリー向けイベントでは、ネイチャーゲーム(の補助)

をしたり、バウムクーヘン(ドイツ語で「木のお菓子」)作りの

ワークショップ(の補助)をしたり。

運営側になることもあれば、参加者として刈り払い機や

チェーンソーの講習に出たり、イノシシの解体をさせて

もらったりすることもあります。

 山のことは多少勉強していたとは言え、

実際に山に入ったことは数えるほどしかなく、山仕事はずぶの素人。

技術をだんだん身に付けていければと思っています。

 

その4  役所関係の委員会

 3月から新城市市有林管理委員、5月から新城市市民自治会議委員

になりました。どちらもまだ委員会が2回開催された程度ですが、

ほかの委員の方はすごくしっかりした意見を持っていて、

自分からいろんな活動を仕掛けている人も多く、

委員会のたびに「自分はダメだなあ」と自己嫌悪に陥っています。

 

その5  新城ツアー

 これは自分が企画して自分で実行した唯一の活動です。

豊森の同期に新城を見てほしいという思いから、新城メンバー

だった同期生の丸山君にも手伝ってもらい、52425日に実施しました。

見てもらったのは四谷千枚田、海野さんのお蚕、鮎滝、新城の山の状況など。

自分で実行したと言っても、1期生の矢沢さん、養蚕農家の海野さん、

NPO法人森林真剣隊の山下さんなど、いろんな方にお手伝いいただいて

何とかなったツアーでした。

 

C.jpgD.jpgE.jpg

 森第三期が終了して、これからは自分の力で頑張らなきゃ! 

という思いがあり、今年度の始め頃はいろんなイベントや活動

に参加していました。ところがどうやら自分のキャパシティを

超えていたようで、夏、特に8月は全身の倦怠感とイライラ・鬱々

した気分に悩まされました。今年から本職でも仕事量が増えて

ストレスがたまっていたところに雨ばかりの天気で、余計その

傾向が強まったのかもしれません。頑張りすぎはよくないなあと、

改めて感じました。

 

 自分の家には田畑も山もありますが、今のところそこに関しては

手を出していません。本来であればこちらを先にするべきですが、

親が元気に世話をしているので、任せてしまっています。

 

 「豊森で自分の生業を見つけたい」と思っていましたが、

結局見つかりませんでした。しかし、だいたいの方向性は

見えていると思っています。豊森同期の人たちの活動を聞い

たりすると、自分の不甲斐なさに情けなくなりますが、

自分のペースでのんびりと進んでいこうと思います。




« 押井集落の花火大会を満喫!

豊田市惣田町 収穫祭&例大祭 »

カテゴリ