フィールドについて
2009年  プレ講座
2009年   第一期豊森なりわい塾(全20回、卒塾生24名)  
      【公開講座】   「本当の幸せと地球のために〜私たち一人ひとりにできること〜」
              「町や村を元気にする地元学のすすめ」   
              「環境に配慮した林業のありかた〜森とともに暮らす心を学ぶ〜」   
              「森とまちをつなぎ、日本の森林を守る
                      〜『天然住宅』に学ぶ地域材利用の仕組みづくり〜」
2011年  第二期豊森なりわい塾(全24回、卒塾生21名)  
      【公開講座】   「集落の未来〜自治はどこまで可能か〜」
2013年  第三期豊森なりわい塾(全10回、卒塾生24名)
      【公開講座】   「集落の未来〜加子母に学ぶ地域づくり〜」
2014年  第四期豊森なりわい塾(全12回、卒塾生22名)
      【公開講座】   「これからの社会のカタチ〜シアワセをどこに求めるのか〜」
2015年  第五期豊森なりわい塾 (全12回、卒塾生27名)
      【公開講座】   「これからの社会のカタチ〜何を大切にして生きるのか〜」
2016年  第六期豊森なりわい塾 (全12回、卒塾生28名)
      【募集説明会】  「塾長と卒塾生が豊森を語る!六期生募集説明会」
2017年  第七期豊森なりわい塾
      【募集説明会】  「塾長と卒塾生が豊森を語る!七期生募集説明会」


     第一期 豊森なりわい塾

期間:2009年5月〜2010年12月
【基礎編】1年目(2009年5月〜2010年3月)
地域を知る力・マネジメントの基本・地域デザインの考え方を学ぶとともに、セルフデザイン講座を通して自分たちが何を目指したいのかを見つめなおしました。講座公開も同時に開催し、豊森の考え方に関心を持つ地域の方々に、広く参加して頂きました。

【実践編】2年目(2010年3月〜2010年12月)
関心テーマ・意向の近い人たちが集まって、グループワークを通じて、各自のテーマを掘り下げて行きました。同時に、共通講座として、全員共通で学ぶ講座も開催しました。



     第二期 豊森なりわい塾

期間:2011年4月〜2013年3月
活動フィールドとして豊田市旭地区に入らせていただき、地元学や聞き書き実習など、さまざまなカリキュラムを実施させていただきました。また、講座の中で地元の方たちに来ていただき、講師としていろいろお話を聞かせていただくなど、地元の人たちの多大なご協力をいただきました。



     第三期 豊森なりわい塾

期間:2013年6月〜2014年3月
第三期では、旭地区のうち伊熊、惣田、杉本の3 集落にご協力いただき、フィールドワークを行いました。講座の中で地元の方たちに来ていただき、講師としていろいろお話を聞かせていただくなど、地元の人たちの多大なご協力をいただきました。また、第三期では、従来通りに加え、とくに将来、I・Uターンで田舎に移住したい人を前面に出して塾生を募集しました。




     第四期 豊森なりわい塾

期間:2014年5月〜2015年3月
豊森なりわい塾では、第二期より、豊田市旭地区(旧東加茂郡旭町)をフィールドとして講座を実施してきま した。 第四期では、旭地区の5 自治区のうち築羽自治区に属する伊熊、惣田、旭八幡、日下部の4 集落にご協力 いただき、地域を知り、地域に学ぶフィールドワークを行いました。




     第五期 豊森なりわい塾

期間:2015年5月〜2016年3月
豊森がスタートして丸7 年が経ちました。毎年、いろんな塾生のみなさんに出会うことを楽しみにしていますが、
五期生は、とくに20 代、30 代の若い男女の方々が多く、我々事務局もよい刺激をいただきました。




     第六期 豊森なりわい塾

期間:2016年5月〜2017年3月