講座報告
2019年6月15日(土)9:30~16:40/2019年6月16日(日)9:45~16:00
1日目:足助交流館(蛍雪館)、フィールドワーク(御内町足助きこり塾)
2日目:フィールドワーク(太田町一升田)、敷島農村環境改善センター敷島会館
目的/ねらい
1)地域にある森林の姿を学び、歩き、感じる。
  専業自伐林家という生き様を知る。
2)実際にチェーンソーや斧を使い、木材の利用を体感する。
  伐倒を経験する。
  木材の利用と地域経済について知り、自分の暮らしとの関りを考えてみる。
   1日目  2日目
午前 レクチャー
「豊田の森~素人から変わる森と暮らし」
  ゲスト講師:丹羽健司氏

レクチャー
「日本の森と人の暮らし 森林とその利用」
  講師:渋澤寿一
フィールドワーク「木材の利用体験」
  ゲスト講師:森林ボランティアの皆さん
午後 フィールドワーク「足助の森林見学」
  ゲスト講師:鈴木政雄氏(専業自伐林家)
          丹羽健司氏
レクチャー「旭木の駅プロジェクト」
  ゲスト講師:高山治朗氏

グループトーク
「これからの森林との関りについて」

資料 第2回講座丹羽健司氏レクチャー圧縮2.ppt 第2回渋澤先生レク「森林」圧縮2.pptx
第2回講座旭木の駅フ?ロシ?ェクト概要フ?レセ?ン.pptx
1日目:26名(うちOS参加1名)/2日目:26名(うちOS参加2名)


第2回講座は『地域を知り、地域を学ぶ「森林」』と題し、

一日目は矢森協、森の健康診断、旭木の駅プロジェクトを立ち上げた丹羽健司氏と、

塾長 渋澤寿一のレクチャー、足助きこり塾へのフィールドワークです。


まずは第一回講座のふりかえりシートをもとに、

駒宮先生が塾生の様々な疑問・質問に答える時間から。
駒宮先生.jpgのサムネイル画像

第1回の質問の答え(駒宮先生).pptx

みなさん、お目目が覚めたところで。。。

ゲスト講師の丹羽健司氏のレクチャー「日本の森と人の暮らし 森林とその利用」です。

hyakkei.jpg

豊田市街地が5m水没するのを免れたのは、

本当にぎりぎりのことだった。

あの東海豪雨を「大変だったね」で済ますのではなく、

「ではどう対策すべきか」の危機管理の実践を重ね、

「森の健康診断」を全国に広めた丹羽さんのお話は、本当に引き込まれました。

「森づくりは自治」。

その言葉がどしんと響きます。


続いて、渋澤先生のレクチャー「日本の森と人の暮らし 森林とその活用」です。

渋沢先生.jpg

「このくらいの山林があると、このくらいの人を養える」

そんな基準を誰もが知っていた戦前の里山の暮らし。

生態系・環境・生活環境・産業・精神文化に至るまで、

森林と私たちの暮らしは深く結びついていたことを学びました。


今日はお昼休憩の時間も活用しました。

民族文化映像研究所の代表作の1つと言われる

映画『奥会津の木地師』の鑑賞です。

お椀ひとつを作り出すまでの、すばらしく整った共同作業に、

みなさん食事の手が止まってしまうほど。


「雨よ降るな!
雷よ避けてくれッ!!

スタッフの願いが届いて。。。いえいえ、

これほどまでに森林保全に人生をかけてきた

講師の皆さんに、山の神様が味方をしないわけがありません!

大雨予想の中、奇跡のようにフィールドワークを決行することができました。

密集林と間伐林.jpg

年輪.jpg

足助地区御内町の足助きこり塾

間伐林へのフィールドワーク。

森歩き?.jpg

知らなければ、

「緑がいっぱいで山っていいな♪」くらいに思っていた密集林。

間伐の大切さを東海豪雨で経験した豊田市。

鈴木政男さん.jpg

豊田市唯一の専業自伐林家の鈴木政雄さんは毎日、

1人で山に入り、1人で木を切り続ける。

「毎日、命懸けで闘っているんだ。」

生闘学舎.jpg

生闘学舎。

そのまんまの生き方を見せてくださいました。


****************************


2日目は太田町一升田にてフィールドワーク。

実際にチェーンソーを使って玉切りと伐倒、

斧で薪割りを体験します。

チェーンソー.JPG

伐倒.JPG

薪割り.JPG 

フィールドワークを安全に執り行うことが出来るのは、

事前に土場の草刈りや丸太作りなど環境を整えてくれた

地域の皆さま、森林ボランティアの皆さま、

卒塾生の皆々さまのお陰様です。

森林ボラ.JPGのサムネイル画像

ありがとうございました!



今日も9期生の畑のじゃがいもや、伊熊産のお米などを使い、

卒塾生が心を込めて作ってくれたとよもり食堂!

豊森食堂?1.jpg

豊森食堂?1.jpg

豊森食堂?1.jpg

豊森食堂?1.jpg

馳走様でした~~~!!


午後からは「旭木の駅プロジェクト」実行委員長の
高山治朗氏を講師に

プロジェクトを中心とした地域経済と森林保全の意味などについての座学。

高山さん.jpg 

高山さん。。。内容もさることながら、なんと軽妙な語り口!

二日目レク.jpg

やはり、森づくりは自治。



そして2日間にわたり学んだ森林との関りについて、

自分達がいま何が出来るかを考えるグループトーク。

各テーブルに森林ボランティアの皆さんがご参加くださり、

話し合いに深みを与えてくださいました。

発表.jpg

テーブル毎に話し合ったことをシェア。


今日、皆さんの心に芽生えた
「やってみよう」「自分にもできるかも」が、
大切に育ちますように。

過密林と間伐林.jpg

(事務局 松本)





« 第9期入塾式・第一回講座