講座報告
2017年10月21日(土)10:00~16:00
豊田市生涯学習センター・旭交流館
目的/ねらい
1)コミュニティという人の生存基盤と、それを維持する「つとめ」の関係を理解し、地域にどのような「つとめ」が存在するかを知る
2)経済成長によって暮らしと稼ぎが分断され、コミュニティとつとめがどのように変容したのかを知る
3)実際に地域の中で生きている方々と話し、地域課題やこれからの地域についての想いを伺う
   1日目  2日目
午前 レクチャー「地域コミュニティと祈り・祭り」
午後 レクチャー「地域コミュニティと自治」
トークセッション「地域コミュニティで生きる」

資料 集落の暮らしと祈り・祭り(澁澤).pdf 地域で生きる-つとめとは何か-(駒宮).pdf
1日目:21名(ゲスト:鈴木正晴さん、戸田友介さん)

10月21日に第6回講座「地域コミュニティで生きる」を行いました。
衆院選と重なったことで、豊森始まって以来初?となる講座の中止で、
一日のみの開催となりました。

選挙当日ではないとはいえ、翌日に控えた衆院選の影響で欠席する塾生も多く、
こじんまりとした規模での講座となりました。



秋はお祭りの季節です。
ちょうど講座の一週間前に豊森が毎年お世話になってきた
旭地区・築羽自治区の八幡神社の例祭がありました。
築羽に移住した塾生と一緒に参加することで、
地域コミュニティのリアルな姿を垣間見てきました。
そもそも地域とは何か。
今までのフィールドワークの中で見てきた
地域のベースとなっているものは何なのか、
そこで生きている人たちのベースにあるものについて、
改めて考えてみる機会を一日設けてみました。

DSCN9386_512.jpg


澁澤さんにビデオを用いながら、日本のコミュニティの成り立ちについてお話いただいたのち、
午後から駒宮さんのレクチャーで、コミュニティを支える「つとめ」とは何か、
実際に田舎に住むとどのような「つとめ」があるのかをお話いただきながら、
自治とは何か、かつての地域の姿と、いまの地域の姿、
他国の事例も交えながら、地域コミュニティと自治の変遷についてお話いただきました。


DSCN9395_512.jpg


その後、実際に地域に暮らしていらっしゃる方々の声を直に聞いてみるということで、
豊田市の中でも地域づくりの先進地として知られ、
定住促進や農村都市交流を進めてこられた旭地区の敷島自治区・前区長の鈴木正晴さん、
旭地区のIターン組の中心人物である?M-easyの戸田友介さんのお二人をお招きして、
塾生を交えたトークセッションを行いました。

鈴木さんからは敷島の取り組み、地域の想い、
戸田さんからは、そのような地域コミュニティの中にIターンして、
地域に寄り添って生きてゆくことへの想いをお伺いすることができました。

DSCN9418_512.jpg

DSCN9430_512.jpg


以下、塾生の感想を紹介します。

・自分自身も地元で祭りをやってきた。コミュニティの中で役割をあたえられることが社会
 教育になっていて、それらのつみ重ねの上に自分が育てられたと思っている。
 これらを次につなぐのが自分の恩返しになると考えている。
 そのための自治の必要は感じている。
 「神人和合」という考え方が自分のところの祭にもある。ここにつながって納得がいった

・地域発だと多様性が豊か。国が決めると均一化する。とても印象に残りました。
 多様性を認め合い対話を重ねた合意形成? 自分の地域にも浸透させたいです。

・まず、今自分の住んでいる都市部のコミュニティはほとんどない状態で、
 その姿がプレゼンでのどの「位置」にいるのかが分析でき、面白く聞けました。
 紹介頂いた本も参考にしたいと思います。

・「補完性の原則に」とても納得しました。
 トップダウンじゃなくてボトムアップの必要性が近頃企業でも聞くし学校でも習います。
 でも昔はボトムアップで「地域でまずやる、できないことは国へ」の考え方だったから
 多様性が生れたんですね!
 最近思うのは、技術はどんどん発達するけど、
 思考とかものごとの進め方は昔に見習うようになってきている気がします。

・戸田さんのIターン者と現状の田舎移住者。この隔たりを埋める言葉とアイデアと、
 チャレンジ精神を自分なりにもっと考える必要があると強く感じた。

・正晴さんの地域をまとめる力に感嘆しました。
 地域は議題からそれやすい場かと思いますが、ときめきプランの内容をよくぞ、と。
 戸田さんもですが、仲間づくり、も、ひとつ共通した要因のように思いました。

・移住、地域自治は、自分には"ピン"とこなく、
 表面的な理解しかできませんでしたというのが本音です。
 受け入れ側、移住側の大変さ、気持ちの葛藤はよく感じられました。




« 第5回講座「これまでの学びを振り返り、これからの生き方を考える」

カテゴリ ,