講座報告
2016年9月17日(土)10:00~16:15/2016年9月18日(日)9:30~16:30
旭交流館・別館
目的/ねらい
1) これまでの4回の講座を振り返り、かつての地域の暮らしを成り立たせていた諸要素(自治や世界観(宇宙観)、ワークライフバランス(くらしつとめかせぎの関係性))と、現在のそれらの関係について考える
2) 新しい生き方の実例として、旭にIターンした戸田さんの生き方を学ぶ
3)半農半Xをキーワードに、塾生が自分自身について掘り下げ、これからの生き方・働き方・幸せを考える
4)自分の課題や思いを仲間と共有することで、塾生同士の関係性をより深め、塾という学びの場をより主体的なものとする
   1日目  2日目
午前 グループトーク 「これまでの学びを振り返る」 聞き書きグループワーク
レクチャー「半農半Xという生き方」ゲスト・塩見直樹さん
午後 レクチャー「くらし・かせぎ・つとめを考える」駒宮博男
トークセッション「集落の暮らしとこれからの生き方を考える」
ワークショップ「自分のXを考える」

資料 労働観:稼ぎ、務め、暮らしを考える(駒宮博男).pdf
1日目:41名(ゲスト:戸田友介さん)/2日目:36名(ゲスト:塩見直樹さん)


9月17日、18日 旭交流館にて第六期豊森なりわい塾の第5回講座を開催しました。



第5回講座は1年間の講座の折り返しということで、これまでの学びを振り返り、塾生たちが自分の言葉で語り合う時間を多く取りました。







グループワーク「これまでの学びを振り返る」

 豊森に入った動機、これまでの4回の講座での気づきや学びについて、塾生同士が自由に話し合いました。



IMG_2052_400.jpg
IMG_2034_400.jpg
IMG_2045_400.jpg
IMG_2057_400.jpg



レクチャー「くらし、かせぎ、つとめを考える」駒宮博男

 働くという概念が、時代とともにどのように変わっていったのか。20世紀の社会問題の一つであった「余暇」とは一体なんだったのか。生産性が向上した現代の正規・非正規の格差の問題や、ワークシェアという概念について考えさせられるお話をいただきました。



IMG_2070_400.jpg
IMG_2065_400.jpg
IMG_2074_400.jpg


トークセッション「集落の暮らしとこれからの生き方を考える」
 レクチャーに続いて?M-easy代表の戸田友介さんをお呼びしました。戸田さんは複数の稼ぎや多様な地域の務めをこなしながら暮らしておられます。そんな戸田さんの現状と価値観についてお伺いしました。

IMG_2079_400.jpg
IMG_2087_400.jpg




初日の講座終了後、恵那市串原の奥矢作レクリエーションセンターに移動して、懇親合宿を行いました。
講座の時間内だけでは、なかなか深くお互いのことを話し合う時間が持てません。今回の時間は、塾生同士が近づくよい機会になってのではないかと思います。







レクチャー「半農半Xという生き方」
 二日目は京都府綾部市の半農半X研究所の塩見直樹さんをお呼びしました。午前中、塩見直樹さんに半農半Xについてご紹介いただき、午後からは塾生が自分自身の思いを整理、掘り下げる機会となるようなワークショップを行っていただきました。

IMG_2099_400.jpg
IMG_2138_400.jpg




二日間を通しての、塾生からの感想です。


・4回までの講座を終えて 同年代(50代)の4名が共に感じているのは、若い世代の人達から前向きなパワーを感じるということ。我々は今までの積み重ねを壊すようなことは踏み切れない。しかし、遠くない先に何かを求めて、今きっかけづくりを探しに来ているとみんな思っているということを共有できた。

・いつもと違うメンバーで話をすることが出来て、実は今回初めて話した人もいました。豊森に参加したきっかけから相手のことを知ることも出来たし、いつもは講座の内容についての話が中心になることが多いのでお互いの話も出来たのが良かったです。

・女子トークできたのは嬉しかった。家庭を支える側の意見や、未来に対しての考え方が聞けて良かったです。子育ての方法とか、声に出すことで自分の気持ちの豊森始めてからの変化に気づけてよかったです。

・毎回、濃い講義やフィールドワークが続いていて、塾生とゆっくり振り返るタイミングがなかったので、自分の振り返り、みなさんのお話を聞いて、頭を整理することが出来ました。一方で、これから学んでいる事をどうアウトプットするか、モヤモヤしています。

・今まで自分の生活に自信がなかったが、すこし自信がついた。人前で話すのが苦手だが、皆さんの前では話せる。みなさんだからこそだと思った。折り返し地点に来て成長できた自分が見られた。

・今日の半農半Xでは、いろんなことにまんべんなく興味があるが特にはなにかあるわけではないということを改めて感じた。就職時には焦っていたが、自分と言うのは変わらなくてこうもんだと気づいた一日になった。合宿には参加できなかったが、1日目と2日目で教室の雰囲気が変わっていたので、これからが楽しみ。

・豊森にはモヤモヤした気持ちで入ってきた、それが今回ではっきり具現化したかもしれない。自分が大切にしたいものが見えてきて、それを同じく考える仲間ができて安心感を得た。合宿で仲良くなれた。

・本当に様々な価値観の人々の集合体であることが認識できた。今後も今日のように、6期生の各個人とダイレクトに話せる機会があると嬉しい。




早いものでこの9月講座で、第六期豊森の「前半」は終わりです。
合宿も含め、折り返しに相応しい講座になったと思います。


« 第4回講座「聞き書き」実習

第6回講座 「地域コミュニティを考える」「地域の祈り・祭り」 »

カテゴリ ,