講座報告
2016年2月13日(土)9:30~16:10/2016年2月14日(日)9:30~16:00
1日目:豊田市生涯学習センター崇化館交流館2階大会議室/2日目:豊田市生涯学習センター逢妻交流館1階多目的ホール
目的/ねらい
1) ねらい1.これまでの自分と豊森なりわい塾を振り返り、これからの時代の価値観や生き方、セルフデザインについて考える。
   1日目  2日目
午前 修了レポート1:竹内、西澤、藤田、竹本、濱田、尾越 修了レポート発表3:玉井、加藤真、林、倉ケ谷、内川
午後 修了レポート発表2:山井、奥谷、片岡、浅野、日比野、坂部、丹羽、岩瀬 修了レポート発表4:知念、水谷、本田、加藤正、板倉、片桐聡、杉村

1日目:22名/2日目:26名

 2月13日、14日に第五期豊森なりわい塾、第10回講座を開催しました。

 今回の講座は、豊森塾生が、これから将来を考えた「修了レポート」をお互いに発表しあう修了レポート発表会です。
塾生26名が「X年後の自分を考える」をテーマに、それぞれ個性あふれる発表を行いました。

ここでは、26名の塾生それぞれの発表テーマと、第五期を代表して1名の修了レポートの一部を紹介します。

塾生

発表テーマ

浅野 陽介

60年後。人生最後の日に。

板倉 右京

豊森で学びを深めつつ、若手職員に体験の場を提供

岩瀬 智美

出会い?つながり?歓びの花咲く?旅の途中?ごろく

life goes on

内川 美奈

脱・モヤモヤ!続・モヤモヤ!?

奥谷 康裕

豊かな森と仲間たちと共に

尾越 有紗

"あなた"ならではの視点

片岡 誠一郎

(仮)ミャンマーにタイムスリップして見つけた温故知新

加藤 正和

スポーツを通じて未来の子供達へ・・・

加藤 真広

生きるということ〜X年後の自分と志向の旅路〜

金田 昌也

その目には何が映っているのでしょうか。

その足はどこに歩んで行くのでしょうか。

見守らせてください。

倉ケ谷 博文

第二ステージのライフワークバランス

坂部 友隆

わたしの豊森人チャレンジ

杉村 喜久夫

「豊かな心で...」もっと、幸せに生きていくために...

竹内

3年後の自分

竹本 龍次

萬のことに、福あらんことを...

萬福文化工房(Bambook Culture Studio

玉井 智子

まちを好きになる

知念 綾子

本当の自治・独立をしよう!

持続可能で自給自足、全て住民で決めるあらたな村

西澤

X年後の西澤

丹羽 仁美

部屋つきの あさごはんやさん

濱田 美樹

心豊かな「ばぁばLife」を目指して

晃司

旭で生きるX年後の自分

日比野

自分はどう生きるのか

思考停止状態からの脱却とX年後の自分

藤田 真利

自分の手の届く範囲で

本田 裕治

私の50年ビジョン

水谷 珠理

フリースクール「えがお」

山井 一晃

4年後の自分


P41-3.jpg

P41-4.jpg

代表者1名の修了レポート 

 晃司さん「旭で生きるX年後の自分」
<豊森に入ったきっかけ>  
 旭で生まれて、旭で育ってきました。小学校の頃。総合授業として旭の魅力を学ぼうということで、地域の川で遊んだり、神社巡りなどをした。遊びの中で魅力を体験することができた。地域の方とも交流があって、昔ながらの遊びを教わり、地域の方との関わりも小さいころから持っていた。 

<X年後の自分>  
 まず1年後、旭若者会に参加したい。築羽のお祭りのときにリーダーと話す機会があって、メンバーとして活動に参加していきたいと思っている。次に、祭りの余興団に入団。加塩のお囃子は、余興団は親の世代なんですが、その文化を我々が早いうちから引き継いでいきたい。このように地域とのかかわりを増やしていく。 
 X年後。旭を支えるのは僕たち若い力。ずっと住み続けたいと思える街づくりをしたいと思う。旭地区を成立するための教育を自分なりに考えてみた。学校教育は自然の中で遊んだり、畑で野菜を育てたり旭の魅力に触れること。地域教育は、祭りの参加やボランティアなど地域との関わりを作っていく。この「旭愛」を若いみんなに持ってもらえるようにしたい。 

<豊森なりわい塾を通して> 
 入塾前は、旭が好きとか、旭を守りたいと漠然とした考えとして持っていたけど、ちょっとずつ自分に何ができるかということを、塾を通してイメージができるようになってきた。旭に住めていることは幸せなことなんだと感じている。旭に住むものとして旭に貢献できたらと思います。一年間ありがとうございました。

P40-1.JPG

 他の塾生の方々の発表も、これからX年後の自分自身について、家族について、地域・社会について、それぞれ真剣に考えた発表ばかりでした。
発表の方法も、絵本を書いてきたり、歌を歌ったり、料理をしたり、将来の地域を想像した絵を書いたりと、豊森第五期らしく、それぞれ「その人らしい」発表でした。
P41-6.jpg
P41-5.jpg
この修了レポートが、
今後の塾生にとって、何かいいきっかけとなってくれれば幸いです。

次回、3月はオプション講座と修了式です。

いよいよ第五期豊森なりわい塾も修了です。






« 第9回講座「これからの幸福論/修了レポートのためのW.S.」

第五期豊森なりわい塾修了式 »

カテゴリ ,