講座報告
2015年9月19日(土)10:00~16:30/2015年9月20日(日)10:00~16:30
両日:豊田市生涯学習センター旭交流館3階大会議室
目的/ねらい
1) ねらい1くらし、つとめ、かせぎの関係性を考え、これからの生き方、働き方、幸せを考える。
2) ねらい2塾生が今後どのような各自の将来をデザインしてゆくかを考える為の一助とする。
3) ねらい3実際にI・Uターンした方や、都市に住みながら田舎に関わっている方など、塾生にとって先輩にあたる人たちの取組を学ぶ。
   1日目  2日目
午前 全体感想共有「これまでの講座の振り返り」
ゲストレクチャー「新しい生き方 半農半X」(半農半X研究所 塩見直紀さん)
事例紹介「豊森なりわい塾卒塾生の生き方」
午後 ワークショップ「自分のXを考える」 グループディスカッション「これからの自分を考える」

1日目:37名(ゲスト:塩見直紀さん)/2日目:43名(ゲスト:木浦ご夫妻、大野さん、石戸谷さん、榊原さん、鈴木さん、渡邊さん、森さん)

9月19、20日、第五期豊森なりわい塾第5回講座を開催しました。

今回の講座で第五期の半分の講座が終了することなりますが、

その折り合えし地点である、今回の講座では、
「これまでの自分」
「これまでの豊森講座」
を振り返りながら、
「これから自分がどう生きていくのか」ということについて、
ゲストの方々の力もお借りしながら考えました

1日目、京都の綾部で「半農半X」をキーワードに農と自分の転職であるXを実践されてる、 半農半X研究所の塩見直紀さんをゲスト講師にお呼びし、
はじめに「半農半X」という考え方についてレクチャーをいただいた後、ワークショップを行いました。

レクチャーでは、人が生きていくためには欠かせない「農」と、それぞれの人が自分の天職を活かす「X」を掛けあわせた
半農半Xの考え方と、それを取り巻く塩見さんの想い、考え方、半農半Xの広がり方について、お話いただきました。

IMG_7245.JPG

ワークショップでは、塩見さんの進行の下、
ワークシートを使って、
「自分の関心のあることはなにか」
「自分の人生で成し遂げたいこと」
「取組と地域を掛け合わせる」
など、今まで内面でぼにゃり考えていたことを強制的にアウトプットしました。

IMG_7311.JPG


2日目。
午前中は、第一期から第四期の豊森卒塾生の方々をお呼びして、
豊森に参加したきっかけ、豊森卒塾後の活動についてグループごとにお話いただきました。

各テーブルで話していただいた内容は以下の通りです。

・木浦敦さん、木浦幸加さん(第三期):「名古屋から旭に移住、移住後の生活」
・大野崇明さん(第四期):「都会を田舎を繋げるNPO活動」
・伊熊農園チーム(石戸谷さん、榊原さん、鈴木さん、渡邊さん)(第四期):「卒塾後より伊熊地域に関わり、農作業、地域活動を実践」
・森大顕さん(第一期):「薪ボイラー機器販売の会社を起業」

IMG_7449.JPG
IMG_7430.JPG

それぞれ、豊森に参加した経緯、森を卒塾してからの活動やそのストーリーについて、
その時々の想いを交えながら、第五期生に対してお話いただきました。
また話の中で、第五期生と卒塾生の交流の場ともなり、卒塾生の活動に五期生も参加したいなど、
思わぬ出会いもあったようです。

午後からは、これまでのお話を振り返りつつ、
「豊森講座を振り返ってみて」 「これまでどう生きてきたのか」
 「これからどう生きていきたいのか、何を求めていくのか」ということについて 自由にディスカッションを行いました。

IMG_7553.JPG
IMG_7558.JPG

まだまだ答えは見えないとは、思いますが、
塾生間で本気で自分の想い、考えを話し合うことで、
そうそも自分の望み、願いはなんなのか、これからどう生きていきたいのか
ということについて考える事ができたのではないでしょうか。

今回の講座を折り返し地点として、
今後の講座は「コミュニティ(集落、社会)と人」にフォーカスしていきます。

今後の第五期豊森なりわい塾をどうぞ宜しくお願いしますね!!





« 第4回講座「聞き書き」

第6回講座「地域コミュニティとつとめ」 »

カテゴリ ,