講座報告
2013年12月15日(土)12:00~16:30/2013年12月16日(日)10:00~16:30
両日:豊田市役所 市生涯学習センター足助交流館
目的/ねらい
1) ねらい1幸福について考えることで、これからの時代の価値観や生き方、セルフデザインについて考える
   1日目  2日目
午前 天候不良(雪)のため、休講 修了レポート発表会2
レクチャー「新しい経済は可能か 豊森的幸福論」
午後 修了レポート発表会1 レクチャー「地域の自治と幸せの原点 未来のための江戸の暮らし」
ワールドカフェ「豊森とセルフデザイン」

1日目:33名/2日目:41名(視察者含む)

豊森なりわい塾 第9回講座を2月15、16日開催しました。

講座までに塾生が作成してきた「修了レポート」の発表と「豊森的幸福論」が今回のテーマで、講座としては今回が最後になります。

これまでの講座でやってきた地元学、聞き書き、祭り、祈り、食、農、森林、エネルギー、医療、福祉、教育など多くのことを振り返りながら
塾生は「第三期豊森なりわい塾は自分にとってどのようなものだったのか」「X年後の自分を描く」というテーマで修了レポートを作成しました。
第9回講座では、その修了レポートの発表会を開催しました。

以下は塾生の発表より抜粋です。

DSCN0059.JPG

 豊森で学んだこと。田舎暮らしへの関心将来にする不安。不安の正体何となく見えた。暮らしを自分で作る力がないから不安になる作品のキーワードは安心感。自分で生活を作る力をつけて、域の役割、居場所、精神性など後世に伝えていきたい身近にあるもの将来こういう暮らしをしたいという「自給する絵」を作った。





IMG_0619.JPG


1-3.jpg

 聞き書きで、「地域社会全体で子どもを育てる。親の背中を見て子どもは育つ。自分の子は他人から教えてもらう。そして、すべての始まりは家族からおっしゃっていた地域にある煩わしいお役も、ある意味親子のコミュニケーションツールになっているのではと思い始めた

 うちの裏山の場合。おばあちゃんが若かった頃、木が高く売れて、家族総出で必死で植林した。将来の子孫が困らないように。子孫への愛情で植えてきた。田舎特有の親子関係、きずなのようなものがあって、各家庭にそれぞれのドラマがある。我が子、家族は特別な感情は、当たり前に抱く感情だと思っていたが、実は地域資源なのではないにあふれた田舎の家族を目指したい。幸せな家族になりたいと思った。それがうつくしき家族のまち「旭」になる





DSCN0188.JPG


 要るべき場所、やるべき仕事があることは幸せなことだと思う。自分は今の職場は要るべき場所だと思う。大好きな場所でもある。介護施設、高齢者住宅でも豪華でお金を出せば何不自由ない生活ができるしかし自分はどうなのかということをすごく感じるようになった

 これからどうしていこうかを考えて豊森に参加した。自分は何も持っていない。旭地区でできること、やってみたいことは何かということを本気で考えた百姓の見習い、和裁などやっていきたい。




2-3.jpg

 テーマは農ある暮らしへ。あと半年で定年なる。そこで直近で決めたことを5年くらいの期間で考えた生きがいづくりや社会貢献、農に関心がある。しかし、 農を手伝うといってもやり方など知らないと何もできないまず学ぶ。そして地域といっしょに汗を流すことをやっていきたい。一般的な農法を学ぼうと思い、先日、農業研修センターに申し込んだ。3月からスタートして2年間、ノウハウを学ばせてもらう5年後からは農ある暮らしを実践。借地、借家で暮らしながら、その中で地域の人を手伝う。ネットワークを活用して、新しく始めたい人に支援もやっていきたい。自分が損をしない程度に収入が得られるように。息子、孫にも来れるように




2日目、全員の発表が終わってからは

・「新しい経済は可能か 豊森的幸福論」

・「地域の自治と幸せの原点 未来のための江戸の暮らし」という題で2つのレクチャーを行いました。


レクチャー後、最後に、

ワールドカフェ形式で「豊森に来て何を得たのか」「何が変わったのか」「今足りないと思うことは、もっと知りたいことは何か」というテーマでワークショップを行いました。修了レポートを作っていて感じた自分の本音や、思っていること、これからの妄想など自由な意見が飛び交いました。

02TOP.JPG


DSCN0466.JPG


DSCN0443.JPG


以上で、第三期豊森なりわい塾の講座は終了になります。講座としては今回が最後になりますが、

3月にはオプション講座として「手仕事ワークショップ」して、修了式が開催されます。



講座使用資料:

未来のための江戸時代(澁澤).pdf

新しい経済は可能か(駒宮).pdf







« 第8回講座 「公共サービス(ケア) ~教育・医療・福祉~」

第三期豊森なりわい塾修了式を実施しました »

カテゴリ